マスクをとりたい美女のエッセンシャル志向

当たり前を更新していく美容実験録

無闇にはじめる筋トレはコンプレックスを冗長する

ちょっと極端なタイトルになりましたが、私の体験談として聞いてください。

 

筋トレブーム、ありましたよね。

私もそれに乗っかったうちの1人です。

 

f:id:maskfubijin:20210131211949j:plain

もともと私は細い細い、と周りの人には言われていたのですが、服着ているからわからないだけで、自分ではそこまで太ってない割にすごくスタイルが悪いなと思っていました。

  

裸になると、XO脚で脚の形がすごく悪くて、肋骨が出ているからか胸カがカップ数のわりには小さく見えてたからです。

 

そこで、インスタで一般の方が宅トレで細くなったビフォアフターみせているのを見て、

「ジムでゴツい器具つかわなくてもこんなに変われるんだ!」

というのと、

そのビフォーアフターが脚の形まで綺麗になったように見えて、

「鍛えるべきところを鍛えると脚の形まで綺麗になるんだ!」

と思って筋トレを始めました。

 

でも多分、そのインスタの方はもともと脚の形は整っていてそこにただ脂肪がのって、その脂肪によってビフォーの脚の形があまり綺麗にみえなかっただけかも、と今になって思います。

 

なぜかというと、

筋トレによって最も醜い姿になった私が身をもって知ったからです。

 

脚をきれいに細くしたい

胸を大きくしたい

私は、大臀筋と大胸筋を鍛える宅トレをはじめました。

 

なぜ脚を綺麗にしたいのに大臀筋を鍛えたのかは、お尻を鍛えると歩くときに脚の無駄な筋肉を使わなくなるからすらっとするという情報があったからです。

 

足首にアンクルウェイトをつけて、四つ這いになって片足ずつ上げ下げするトレーニングと、

f:id:maskfubijin:20210131173044j:plain

 

仰向けになって左右に手を広げ、両手に2キロずつのダンベルをもち、胸の上で手をあわせるようにもちあげるダンベルフライを主にやってました。

f:id:maskfubijin:20210131173050j:plain

 

結果、、胸とお尻は大きくなったのですが、二の腕がめちゃめちゃ太くなり、下っ腹がどうやってもでるようになったのです。

 

そう、今まで細くて気にしていなかった上半身まで太くなり、下半身はお尻だけ大きくなりほっそり脚は手に入らずです。

醜いをアップデートしたんです。

 

特に二の腕が太いと一気に全部が太い人に見えますよね。

だからか次々とまわりから太った太った言われるようになったんです。

 

久しぶりに会う友人に、百発百中太ったといわれるので、

しばらく会っていない人に会うのが怖すぎるし、合コンとかでもすっかり扱いが変わりました。笑

とにかく人に会うのが怖いのなんの!

 

服は当たり前に入らなくなるし、試着は必須になりました。

 

あぁ、太るってこんなに世界が変わるんだ。

こんな悩みのなかった今までの私は十分細かったのかもしれない。

 

体重をはかると8キロ増えてました。

これは筋肉量が増えたからっていうのもあると思いますが、見た目も8キロの数字通り太った気がして、本当意味がわかりませんでしたよ。

戻し方もわからないし!

 

当時私は美容ライターや雑誌編集の美容担当の方とお仕事していたので、その界隈から聞いた、整体兼インナーマッスルを鍛えるサロンに駆け込みました。

 

そこの整体師さんが最初に色々分析してくださるのですが、それでなぜ私の身体が醜くなっていったかがわかりました。

 

簡単に言うと

「もともと私は巻き肩だったのが大胸筋を鍛えたことによってより内に巻いてしまい、そのバランスが崩れたことによって腕が太くなった」

「もともと反り腰だったのが、お尻を鍛えたことによって、それを冗長し、下っ腹が出るようになった」

ということがわかりました。

 

要はもともと持ってた身体のダメな部分をより加速させるようなことをしてたんです。

 

そんなこんなで、結局は本来からずれてしまった骨の位置とか、

それに伴う姿勢を整えることがまずは大事だと身をもって知ったのでした。

 

今は骨格から改善し、インナーマッスルを日常的に使える身体にしていくYumiCoreBodyに通い、太る前よりもかなりいい感じになったきたので、それについて今後たくさん語っていきたいと思います。

 

あー20代半ばの一番楽しい時期を太った体で過ごしちゃって、ほんとーに悔しい!!!

 

ではまた。

化粧品の潤いは肌をくすませるだけな気がする

これわかってくれる方いらっしゃいますかねー

洗顔後の肌が一番色白で綺麗で、基礎化粧品を塗るとお肌がちょっと茶色くくすむ感じ。

 

だから、学生時代の合宿とかお風呂後すっぴんを皆にさらすときに、化粧品塗ると肌くすんで汚く見えるのが嫌で、カッサカサでもいいからくすんでみえないように化粧品なにもつけずにいたほどです。

 

f:id:maskfubijin:20210128171522j:plain

あと、男の人とか化粧品使わない人もまだまだ多いのに、なんで一生懸命手入れしてきた女性の方がすっぴんが汚いんだろう?って中学生の時に思って、いろいろ調べたことがあって、そのときに合成界面活性剤の怖さを知りました。

 

界面活性剤は、油と水を混ぜる働きがあったり、化粧品を肌の奥まで浸透させる役割があるものですね。

 

そこで、「合成界面活性剤は、肌のバリアを壊して奥まで浸透させていて、その壊れたバリアの隙間から紫外線などの外的刺激を受けやすくなってしまい、どんどん汚肌になっていく」という衝撃の事実を知りました。

 ※自然のものからできた界面活性剤でできた化粧品とかもあるので、そういった界面活性剤がどうかはわかりませんが、とにかく当時読んだ本は合成界面活性剤に言及していて、簡単にまとめると上記のようなことが書いてありました。

 

まぁそこから界面活性剤不使用の化粧品を使ってはいたのですが、冒頭のくすみ問題がやはり気になったわけです。

 

これも調べると、単純に油分は酸化するからくすんでみえるということだったので、

肌が酸化しづらいように無鉱物油だったり、界面活性剤フリー、パラベンフリー、アルコールフリーとなるべく無添加に近いオールインワンジェルとか、酸化しづらいスクワランオイルとか、いろいろ試しました。

 

それでたしかに、くすみ感というのはそこまでなくなったけれど、可も不可もないといいますか、うるおいっていってもやっぱり肌自らうるおっている感覚はないし、やっぱり洗顔直後の何もつけない肌が一番綺麗。

 

とにかく何かつけることによって肌が綺麗になるってことがどうしても信じられなかったんです。

 

なんかいい方法はないかなーと書店で美容本を見ていた時に目に入ったのが宇津木先生の本。

www.amazon.co.jp

「化粧品をやめると、肌はよみがえる」

まさに当時の私に欲しい言葉でした。

 

 当時は学生だったのですが、バイト先によくいらっしゃるお客様にとっても自然なツヤのある色白肌の艶っぽいマダムがいらっしゃって、何かのきっかけでお話したときに

「私は今ファンデーション塗ってないわよ、お粉だけ」と言っていて衝撃を受けたことをその時思い出しました。

 

宇津木式の本にも、メイクはポイントメイクのみ、ファンデーションは塗らずにお粉をはたくだけといった内容があるからです。

 

もしやあのマダムも同じようなことやっていたのかな?

マダムみたいなお肌になれちゃう?

それに化粧品のお金のかからないし、最高じゃん!

と期待を膨らませながら始めてみたのでした。

 

今は宇津木式はやっていないのですが、当時実践したときのお話をまた書きたいと思います。

 

弱酸性はほんとに肌に良いのか

”肌にやさしい弱酸性”ってよくいいますよね。

わたしも以前は、弱酸性の洗顔フォームを使っていました。

 

が、なんか洗った気がしないんですよねー肌のくすみがとりきれないというか。

大体そういう洗顔フォームは”洗いあがりしっとり”みたいな謳い文句があったりするのですが、私は洗うなら肌がキュッキュッとするくらいさっぱり洗い上げちゃいたい。

 

当時モヤモヤした私は色々調べました。

 

まずなぜ弱酸性が肌にやさしいのか?

それは「肌が同じ弱酸性だから」ですね。

 

でも、弱酸性の肌を同じ弱酸性で洗っても、汚れはとりきれないんです。

では、なにがいいのか?

もう今では周知の方が多いかもしれませんが、弱酸性の反対のアルカリ性です。

 

アルカリ性の代表は固形石鹸ですね。

 

f:id:maskfubijin:20210122145346j:plain

でも、ちょっと石鹸で顔を洗うことに抵抗があったのと(めんどくさそう)、

ちょっとでも化粧品メーカーのもので洗顔して気分あげたいなー

なんて思った私は弱アルカリの洗顔フォーム色々調べたんですけど、なかなか見つからない!

 

まぁ多分、実は弱アルカリだけど、

「弱アルカリです」って謳うことが宣伝文句になりそうにないから特に表記されておらず、どれが弱アルカリかわからなかった、ていうのが正しいのでしょうか。

 

潔く私は固形石鹸にすることにしました。

しばらくは ↓ のウド石鹸っていうのを使ってました。

lasas.jp

くすみなく白い肌になるし、さっぱりしつつ乾燥しなくて好きだったんですけど、

ちょうど宇津木式の本を読んだら、石鹸の中でも純石鹸がいいとのことなので、もう5年以上は純石鹸で洗ってます。

 

純石鹸とは、下記の定義の石鹸ですが、

純石鹸:成分が石ケン素地100%のもの

ドラッグストアに置いている石鹸の成分かたっぱしから見てみてください。

ほとんどが純石鹸じゃありません。

なので、買うときはきちんと裏みてくださいね。

 

ちなみに私はかの牛乳石鹸で有名な会社のカウブランドの石鹸をずっとつかっています。

牛乳石鹸も純石鹸ではないのでお気をつけください)

https://www.cosme.net/product/product_id/289142/reviews?_ga=2.213100439.286553305.1611293459-26217953.1605074206

 

純石鹸のいいところは、

・何より安い!(1個100円ちょっと)

・ドラッグストアにも置いているので買いたいときに買いやすい!

・安いからそのまま身体もこれで洗えばOK!

 

こんなとこでしょうか。

 

ちなみに私は実家に帰るとき、わざわざ持っていくのはめんどくさいので実家にも置いてます。

それができるのは安いから!

 

旅行とかのお泊り時は、チューブとかにはいっている洗顔フォームよりはめんどくさいですよね。

私は、お泊り用の石鹸として、包丁で石鹸を切って、 ↓  の無印の石鹸ケースにいれて持っていきます。

普段使っている石鹸を入れたり出したりはしません。

これができるのも安いから!

 

www.muji.com

  

ちなみに泡立てネットもつかわずに、洗顔しています。

お泊りの時にいかに身軽でいけるか、という点も私の中の重要なポイントです。笑

 

宇津木式の件や、泡立てネットをつかわなくなった理由等も、また記事にしますね。

 

くちびる最強よわよわ民のリップ事情

強いんだか弱いんだかわかりづらいタイトルになってしまいましたが、

とにかく私以上に唇弱い人はいないんじゃないかというのを言いたかったんです。

 

リップクリームでさえ、塗って荒れることがあるほど。

 

そんな私が長く愛用しているリップクリームと口紅をご紹介します。

 

f:id:maskfubijin:20210128170058j:plain



【 リップクリーム編 】


ロゴナ / リップクリーム キャレンデュラの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

 多分10年くらい使っている、ロゴナのリップクリーム!

ドイツ発のオーガニックコスメブランドなので安心かなー、という程度の軽い気持ちで手に取ったんです。

それまで、あらゆるリップクリームを試して、皮がめくれたり、塗ってもぬってもうるおわなかったのがこれですっかり解消されました!

ひと塗りでバームを塗ったようなしっとり感なのに、嫌なベタベタ感がなく、うるおいが長時間続きます。

おろしたてはちょっと硬いので何度かグリグリしたほうがいいです。

ちなみにこれとは別にヒアルロン酸配合の100円くらい高いバージョンもあり、それも試したことあるのですが、個人的には普通の方が油分が多いしうるおう気がするので、わざわざ高い方買わなくてもって感じでした。

 

キュレル / リップケア バームの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

あと最近たまたまいただいて試して、いいなぁと思ったのがキュレルのリップケアバーム!
 

これは自分で唇の皮をむいてしまったり、仕事忙しかったりで、かなりの荒れ荒れ状態の唇でも、確実に荒れをおさめてくれる。

皮をむいてしまったりすると、治っても表面がボコボコな感じになるものなのですが、それが気づいたらサーッと均一に治ってる。

容器あけて手に取って塗るタイプのバームですが、バームといいつつあまり油っぽくないので、手に変にベタベタが残ることもないです。

私は手についた分は適当に手とか首に塗り広げちゃう。

でも、日中に手にとって塗るのは面倒なので、夜寝る前のスペシャルケアとして使ってます。

 

【 口紅編 】

口紅は「石鹸で落とせること」をマストの条件にして、唇へのやさしさを担保してます。

国産の石鹸で落とせる系ブランドといえば、ETVOSとかMiMC、アムリターラあたりがメジャーで、一通り試しましたが、その中でもお気に入りが、MiMCのミネラルカラーリップです。

MiMC エムアイエムシー / ミネラルカラー リップの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

同じMiMCで「ミネラルルージュ」っていう、いわゆる普通の口紅タイプと比べて、リップクリームのようなうるおいのあるリップです。

でも、色付きリップとは言いたくないほど、ちゃんと発色します。

 

一般的に口紅だと、発色とテクスチャーの関係で鏡みないときちんと塗れているか心配になるところですが、ミネラルカラーリップだと鏡見ずに塗っても、うるおいがあるのでスルスル伸びて、リップクリームみたいにンマンマっと馴染ませれば塗りムラも気にならずにすむ、という点も気に入っています。

かなり色のバリエーションも増えてきているので本当ありがたいですね。

 

DAZZSHOP / ルージュ ザ フュージョニストの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

あと、コスキチにあるようなオーガニック系のブランドではないのですが、インスタの広告を見て、あまりに素敵な色に惹かれてカウンターに試しに行ったのがきっかけではまったのが、DAZZ SHOPのルージュザフュージョニスト。

これは結構ふとっちょな形なのですが、それが唇の幅とフィットするので、ノールック鏡で一塗りで塗れるし、ピタッと唇と一体化するテクスチャーなんです。

しかもリップクリームを下に塗らずにかわいた唇に直にぬりぬりしても荒れない!
 

あ、でも色によって荒れる荒れないはあるのかも。

最初に購入した色が14番のMADLYという色で、それは全く荒れなかったのですが、13番のBITE MEにしたら結構皮むけしました。
 

テクスチャー撮影されたものをみた感じも、色によって硬そうだったり、水っぽかったりするので、やはり色によって違うのでしょうね。

 

それにしても早くマスク生活が終わらないかなー

リップメイクを思いっきり楽しみたいです。。

 

沢尻エリカ、河野恵子にみる前髪戦法

美容師さんにこの髪型にしたい!とみせる画像のモデルさんの前髪はいつも、

前髪なしとかかきあげ系の前髪が多いんですが、

それでも斜めバングを死守してきた私。

 

学生時代の飲食バイトで前髪をハットにしまいこまなきゃいけなくて、

バイト皆おでこ全開にも関わらず「おでこちゃん」というあだ名をいただいたくらい、おでこが広いんですよ。

 

おでこが広くてもはっきりしたエキゾチックなお顔だったら前髪なしとかも似合うと思うのですが、

そういうわけでもないので、もうおでこなんかだしたら見た目もスース―しちゃうわけです。

 

まぁ斜めバングもいいんですが、斜めバングだとあか抜けないというか、いい子ちゃん感から抜け出せず、大人感とかおしゃれ感はでないなーと思ったり。

 

f:id:maskfubijin:20210118122947j:plain

あとは髪を耳にかけたり、アップにしないとなぜか顔が大きく見えることにも悩んでました。

 

話は変わって、私は沢尻エリカさんと河野恵子さんのお顔が大好き!

 

あーこんな顔になりてぇーとお二人のお写真を眺めていて気づいた。

お2人ともおでこ広いな!?

輪郭も同じ系統だな!?

そして、、私の輪郭も同じ系統じゃない!?

(顔の中身はさておき笑)

 

すかさず、「沢尻エリカ 前髪」「河野景子 前髪」で画像検索。

 

河野さんはアナウンサー時代からずっと同じような髪型、前髪を貫かれていますね。

 

沢尻さんは役柄で色々と前髪の変遷はあるものの、最近はこの前髪に落ち着いてた様子。

→芸能人のお写真は貼り付けできないので、こちらのリンクの画像を参考にしていただければ。

https://eiga.com/person/33162/

 

私も後ろの長い髪を前にもってきてシミュレーションしてみた。

 

ワンレンだと顔がさみしくなるけど、おでこを若干ななめに横切るように流すとさみしくないし、大人っぽくかつ華やかで垢抜けて見える!

 

沢尻さん、河野さんみたいな完璧なビジュアルではないので、自分なりに最も小顔にみえるようアレンジ。

 

私はこめかみあたりがふっくら、かつほっぺたも結構あるんですよ。

だから多分今までの斜めバングの長さだと最もふっくらな2箇所を強調しちゃう感じになっていたんですね。

なのでこめかみの下部=ほっぺたの横の長さに。

f:id:maskfubijin:20210118124806j:plain

そもそも左と右で輪郭が異なるくらい絵が下手なことはご容赦ください

かといって、顎の幅からあまり変わらなく上に輪郭線がきているので、こめかみのふっくらを隠すと面長にみえます。

だから、こめかみの下部あたりで外にハネるようにして、横に幅をもたせると、面長が防げるし、ほっぺたの存在感がごまかせるということがわかりました。

f:id:maskfubijin:20210118124817j:image

耳にかけたり、アップにしないと顔が大きく見える問題はおそらく、前髪とサイドの髪で、こめかみとほっぺたを挟み撃ちしていたことでのふっくら強調によるものかと。

 

そうとわかれば、美容院へゴー!

 

美容は日常に落とし込んだもん勝ち

前回の下記記事で、美容で何かを始めるときのポリシー的なものを2つ挙げました。

 

maskfubijin.hatenablog.com

 

今回は、下記2.について。

 

1.「他の人が当たり前にできていることは、同じ人間なんだから可能なはず」

という仮定をすること

2.いくら効果の見込めるものでも、金銭的、肉体的に一生続けられなそうなものには手を付けないこと

  

2.は例えばエステやハードな筋トレ。

 

エステがすべて悪いといってるわけではないですよ。

エステで素敵な空間で人に施術してもらうってだけで癒されたりしますし。

 

f:id:maskfubijin:20210116144451j:image

でも、施術後は良い状態でも通い続けないと戻ってしまう、

かつ通い続けるにはちょっと苦しい価格とか、ありますよね。

 

せっかく同じ施術をしてもらうなら、

根本的な解決ができる施術を選びたいなーと。

そして、そういう施術であればお金かけてもいいと思っています。

いずれ問題が解決して、卒業できるわけですから。

 

ちょっと前から筋トレブームもありましたが、

ジムで器具をつかったハードな筋トレとかって、

おばあちゃんになっても続けられますか?って考えてしまって。

もちろんジムにいくと元気なお年寄りの方もいらっしゃいますけど。

 

特別なケアというよりは、いかに日常に落とし込めるかっていう視点を大事にしたいです。

 

とはいえ、絶対にお金をかけつづけないといけないものもありますよね。

日常的に摂取したいサプリとか。

そういうものは続けられる価格で。続けて日常にすることが大事。

 

エステに通った経験や今通っているジム、また日常的に飲んでいるサプリについても書いていこうと思っています。

 

美容は治療みたいなもの?

筋トレでも、セルフマッサージでも、スキンケアでも、何かを始めるときのポリシー的なものがあって。

 

1.「他の人が当たり前にできていることは、同じ人間なんだから可能なはず」

という仮定をすること

2.いくら効果の見込めるものでも、金銭的、肉体的に一生続けられなそうなものには手を付けないこと

 

1.はちょっと極端な考え方ですが、例えば便秘。

よく、便秘には食物繊維を、とか言うじゃないですか。

でも、朝から食物繊維モリモリスムージーとか飲んでいなくても、便秘知らずの人っていますよね。

 

f:id:maskfubijin:20210115155621j:plain


だから、

「もともと人間のもっている排便機能を妨げる何かが自分にあるから便秘なんじゃないか」

といった仮定をしてみる、といったような考え方です。

 

まわりくどい言い方しちゃいましたが、

要は人間が生まれながらにして持つ力を信じるってことですね。

 

もちろん体質や遺伝でしか片付けられないこともありますが、

根本的解決につながる本質的な考えができるかなと。

 

本ブログの”エッセンシャル志向”というのも、そこからきています。

 

そして、人間が生まれながらにして持つ力を信じるということは、

美容は自分の生活習慣やクセからくるガタをなおす、治療みたいな面もあるのかなーと思います。

 

 

2.については、次の記事で書きたいと思います!